たるんだ網戸は自分で張り替えよう!簡単お手軽法をご紹介

たるんだ網戸を修繕張替えする方法を紹介するサイト

網戸で防ぐあれこれとたるみの原因とは

多くの住居や建築物にある網戸ですが、いくつか種類があります。 一般的に使われているものは大体同じ種類のものが使われていますが、種類によって適性や強度が少しずつ違ってくるので、適した種類の網戸を使いたいものですね。 ここでは、網戸の種類や特徴についてご紹介します。

種類によって値段が違う!網戸別の特徴とは

前項でご紹介したように網戸にはさまざまな種類がありますが、料金の違いも気になるところです。 ここでは、網戸の種類による価格の高低の違いについてご紹介します。 品質によっては比較的高価なものでも、毎日使うものですから用途に合うものを選びたいですね。

簡単な修繕なら自分でできる!かんたん網戸の直し方

網戸がたるんでしまったら、自分で直すことはできないし即張替えが必要であるかのように思われますが、自分で改善できる場合も多いのです。 ここでは、セルフでできる網戸の簡単な修繕方法をご紹介します。 たるみが気になっている人はぜひ参考にしてください。

おすすめリンク

岐阜の塗装業者を探そう

岐阜の塗装業者を効率良く探すには比較サイトがオススメ!家の塗装に困ったら依頼しよう!

網戸もいろいろ?種類別の特徴

商業施設や学校などだと無い場合が多いですが、一般の住宅や一部の公共施設など換気のできるほとんどの建物には網戸があります。

網戸は、害虫の侵入やちりやホコリなどの汚れを防ぐ役割のものです。
窓を開けたいけれどこれらのものの侵入は防ぎたい時に網戸は便利です。

一般的な住宅などだと網戸の無い状態というのは考えにくいのではないでしょうか。

網戸は、害虫等が入ってくるのを完全に阻止できるものではないですが、目の細かさや色など意外とさまざまな種類があり、希望によって適切な網戸を選ぶことができます。

取り外して洗うこともできるので、きれいに保つことは簡単です。
しかし、たるみとなるとどうでしょうか。

長年の使用によりでてくるたるみは、自分でもある程度は修繕することができます。

網戸のたるみは主に経年劣化によるもので、何年も風雨にさらされ紫外線を浴びることで徐々にたるみとなってあらわれます。

素材や種類によっては日光や汚れなどに強いものもありますが、主なたるみの原因はこうした自然発生的な要因によるものです。

あとは網戸に触れてしまうことが多いと、これがたるみの原因になります。
目の細かい網戸は、面ではなく線で張られた膜状のものなので触れることは極力避けるべきです。

生活の中でどうしても触れてしまうことがある場合は、強度のある材質の網戸を検討するのもたるみを防ぐ方法の1つです。

適した網戸を選んで、長くきれいに使えると良いですね。